ずぼら充電器
有限会社 七宝電子工業 楽天ショップで購入する(弊社提携代理店ショップ)

導入事例

「ずぼら充電器」の取り付方~トラックへの取り付け方~



【アイドリングストップとバッテリーの寿命】

アイドリングストップによる、バッテリーの影響は大きなものです。
最近では、物流センターや工場構内でのアイドリングストップが常識となっております。バッテリーを入れたり、切ったりするだけでも、バッテリーに負荷が掛かりバッテリー短命の原因になるのですが、夏場、冬場に構内でアイドリングストップをしたままエアコンを使うと致命的なダメージをバッテリーに与えることになります。

ましてや、ゲート付きのトラックなら状況はますます深刻です。

通常トラックの鉛12Vバッテリーは12年~13年は持つようにつくられています。
それが、アイドリングストップの普及により、2年~3年で破棄されているのが現状。

そんな、現状を救ってくれるのが、七宝電子の「ずぼら充電器」です。「ずぼら充電器」を使用することで、バッテリーの寿命を大幅に延命することが可能になります。

【ずぼら充電器取付け方はいたって簡単・・・】
1、まずは、トラックが出発


2、通常運転時は、ずぼら充電器の接続ケーブルは、バッテリーケースの横の格納


3、構内にトラックが帰ってきたら、バッテリーに取り付けてあるケーブルを伸ばします。
(写真のケーブルは5M)
※ケーブルは、ご要望に応じて違う長さのものをお作りいたします。お気軽にご相談ください。


4、後は、「ずぼら充電器」本体から出ている端子とカチッと繋げるだけ!!


5、「ずぼら充電器」本体は壁などにかけて電源の取れるところに設置しておけばOK


たった、これだけのことで、年間に大きなバッテリーの経費削減が可能になりま
す!!

バッテリー取り外しの手間を省けますか?お客様よりお問い合わせをいただきました。

車の修理を行っているお客様より、お問い合わせをいただきました。

Q:車の修理の依頼を受けたらまず バッテリー・ターミナルの配線をを外し、バッテリーを車から降ろして修理完了後バッテリー充電をしますが、現在の車は、時計やラジオ等暗電流が流れるシステムが多いのと修理完成後の返却時バッテリー充電に時間がかかります

この手間のかかる仕事を 【ずぼら充電器】を使用すれば便利になりますか?・・・

A:はい、バッテリーターミナルの配線を外す手間・バッテリーを車から降ろす手間を省き、バッテリーに繋いだままで充電しながら作業をしていただけます。

【ずぼら充電器】の特徴は

1、まず 面倒な バッテリー・ターミナルの配線を取り外す(マイナス・コードを外すも)必要がありません

2、重いバッテリーを車から降ろす必要もありません

3、開栓型のバッテリーは総て栓を開けて充電後また、元に戻さなければなりませんが、その必要もありません。また、密封型のMFバッテリーはそのまま充電できます。

3A定電流方式を採用していますので、何日でも100V電源につなぎぱなしで過充電・過放電の心配がありませんし、バッテリーは常に満充電の状態を繰り返します。しかも、急速充電ではありませんのでバッテリーはをいためず充電することが可能です。





電力供給時も【ずぼら充電器】を外す必要はないでしょうか?~お客様からの質問です~

お客様から、ご質問をいただきした。

Q:MFバッテリー (52Ah)を3台並列でつないでいます
このバッテリーにDCACインバータ(1500wのもの)をつないで停電時の
電力供給に利用しています 。

電力供給時も御社の【ずぼら充電器】を外す必要はないでしょうか?
また 充電中でもインバータに電力供給しても大丈夫でしょうか?

A:はい、365日どんな状態でもなぎぱなしで大丈夫です。
【ずぼら充電器】は半導体により過充電・過放電を監視し 常に満充電を維持します。

以下ずぼら充電器の定電流方式矩形波


【ずぼら充電器がメンテナンスフリーのバッテリーに向いている理由】
通常、注液栓がない密閉型のメンテナンスフリーバッテリーは、内部ガス圧力が高くなっても逃げ道がないため、急速充電や過電流は絶対に避けなければなりません。ところがこのタイプのバッテリーは無付加電圧が12V以下になると極端に性能が落ちる特性があります。

つまりフル充電に近い状態を常に保つ必要があり、無人で自動的に、しかも安全確実に充電するためには3Aの定電流が最適という訳です。

ディープサイクルバッテリー(EBバッテリー)の充電には【ずぼら充電器】



ディープサイクルバッテリーの充電には【ずぼら充電器】

ディープサイクルバッテリーは、満充電からバッテリーの容量が0になるまで使う為のバッテリーで、通常のバッテリーに比べ電極へかかる負荷が大きいにもかかわらず、それに耐えるように設計されているバッテリーです。

具体的には、キャンピングカーのサブバッテリー・ゴルフカート・バッテリーフォークリフトから船舶や電気車椅子まで仕様されており、バッテリーの価格も通常のバッテリーに比べ高くなっています。

12Vタイプのディープサイクルバッテリーは使用環境にもよりますが2年以内~4年毎に交換されているケースが多いようですが、そのディープサイクルバッテリーの充電に当社の『ずぼら充電器』を使用することで、バッテリー寿命が大幅に延ばすことが可能です。

また、使用頻度が少ない場合(年に1度しかキャンピングカーを使わないなど・・・)など、ずぼら充電器を使えば、バッテリー上がりを起こさず「使いたい時にいつでも満充電の状態を保つ」ことが出来ます。

【なぜずぼら充電器なのか?】
通常の充電器では、ディープサイクルバッテリーの容量を満充電にすることが出来ないのですが(70~80%と言われています)、ずぼら充電器を使うことで、満充電にすることが可能になります。ずぼら充電器は3Aの定電流方式ですので、通常のバッテリーの比べ、電圧が高い為100%満充電にすることが出来、より多くの電気を使用することが出来ます。

また、常に3Aの定電流が流れているので、バッテリー内電極板にサルフェーションが付着することを防ぎ結果的にバッテリーの延命に繋がります。
(通常の急速充電と違い、3Aというゆっくりとした電流で充電を行いますので、充電時にバッテリーに負荷をかけません)



アイドリングストップとバッテリーの関係について・・・



先日、ある運送会社の社長様とお食事をすることがあったのですが、こんなご相談をうけました、

「最近は、物流業界では排気ガスの規制が厳しく、物流センターなどで停車時には、エンジンをアイドリングストップしないといけないのですが、そうするとバッテリーの消耗がが激しく、バッテリーコストが上がって困っています。何とかならないでしょうか?」

トラックのアイドリングストップのよるバッテリーの消耗もそうですが、トラック後部にゲートが付いてるとなおバッテリーの消耗が激しくなります。そんな時はバッテリーの充電をきちっと行うことで、バッテリー液の消耗を防ぎ、バッテリーの寿命を延ばすことが可能です。

トラックのバッテリーは通常24Vです。鉛の12Vバッテリーが2台繋がったものですので、ずぼら充電器1台で対応できます。ずぼら充電器は鉛12Vのバッテリーなら何でも充電可能です。





【他の充電器と何が違うの?】
無人で安全確実・自動充電!!
バッテリーは充電終期に内部のガス圧が高くなります。そのために一般の充電器ではバッテリーキャップ(注液栓)を外して充電します。しかし、これでは充電が完了するたびにキャップを閉めに行かなければならず、自動充電とはいえません。そこで七宝式では、キャップを閉めたままで安全確実に充電できる最大充電電流である3Aを設定値としました。1年365日100Vコンセントにつなぎぱなしで常に満充電の優れものです。

アイドリングストップによるバッテリーの消耗も防ぐには、無人で安全確実・自動充電!!
バッテリーは充電終期に内部のガス圧が高くなります。そのために一般の充電器ではバッテリーキャップ(注液栓)を外して充電します。しかし、これでは充電が完了するたびにキャップを閉めに行かなければならず、自動充電とはいえません。そこで七宝式では、キャップを閉めたままで安全確実に充電できる最大充電電流である3Aを設定値としました。1年365日100Vコンセントにつなぎぱなしで常に満充電の優れものです。



ずぼら充電器で、アイドリングストップのよるバッテリー消耗を防ぎませんか?

定電流方式と急速充電・・・お客様よりお問い合わせをいただきました。

先日、大阪市のT様よりお問い合わせをいただきました。

Q;充電を何度も繰り返すことで、バッテリーの劣化を早めると聞いたことがあるのですが、ずぼら充電器は24時間充電しっぱなしなのにどうしてバッテリーが長持ちするのですか?

A;自動車やバイクの鉛バッテリーは通常、放置期間が長ければ、長いほど電極にサルフェーションが付着しバッテリーの寿命を縮めてしまいます。例えば、毎日、コンスタントに走っている車のバッテリーがあがりにくいのが、走行頻度の少ない車のバッテリーが上がりやすいのはその為です。

もう一つ、急速充電もバッテリーの寿命を縮める原因の1つです。短時間に急速に充電すると、バッテリーに多大な負荷をかけることになり、バッテリーの寿命を縮める原因となります。

そして、過充電もバッテリーの寿命を短くする大きな要因の一つです。

バッテリーの放置と急速充電・過充電がバッテリーを劣化させる原因だったのですね。

ずぼら充電器は24時間バッテリーの電圧を監視します。
1、バッテリーの電圧が12.5V以下まで低下する3Aの電流で補充電を開始します。
急速充電とは違いゆっくりと充電していきます。

2、バッテリーが満受電になると、補充電を停止
過充電防止

3、バッテリー本体の自己放電と車両の暗電流によりバッテリーの電圧が低下していきます。



【お勧めの理由】
無人で安全確実・自動充電!!
バッテリーは充電終期に内部のガス圧が高くなります。そのために一般の充電器ではバッテリーキャップ(注液栓)を外して充電します。しかし、これでは充電が完了するたびにキャップを閉めに行かなければならず、自動充電とはいえません。そこで七宝式では、キャップを閉めたままで安全確実に充電できる最大充電電流である3Aを設定値としました。1年365日100Vコンセントにつなぎぱなしで常に満充電の優れものです。

ずぼら充電器は、どんなバッテリーにも対応しているのですか?・・・ご質問をいただきました。

先日、お客様より、ご質問をいただきました。

Q;現在「PRIMAX56818」を使用しているのですが、このバッテリーでも使用可能でしょうか?また、BOSH「PSI-7C」・「SL-7C」・「HT-70-P」なども対応しているのでしょうか?

A;PRIMAX56818は鉛バッテリーですので、ご利用していただいて問題ございません。ずぼら充電器は、全ての【鉛12V】バッテリーにご使用していただけます。車やバイクに限らず、無線機や、自信探知機、農機から灯油ローリーまで、幅広くご利用していただいております。

また、1台の車に複数台のバッテリーがある場合でも、一般用 SA-12PW-M 2台用で複数バッテリーの充電にも対応、キャンピングカーをご利用お客様には、喜びの声をいただいております。

本体は、壁に掛けてご利用していただくと便利です。



バッテリーの充電には【ずぼら充電器】がお勧めです。

【お勧めの理由】
無人で安全確実・自動充電!!
バッテリーは充電終期に内部のガス圧が高くなります。そのために一般の充電器ではバッテリーキャップ(注液栓)を外して充電します。しかし、これでは充電が完了するたびにキャップを閉めに行かなければならず、自動充電とはいえません。そこで七宝式では、キャップを閉めたままで安全確実に充電できる最大充電電流である3Aを設定値としました。1年365日100Vコンセントにつなぎぱなしで常に満充電の優れものです。

無線中継器のバッテリー充電


お客様から、こんな質問をいただきました。

Q:線中継器に接続したバッテリーに使用したいと検討しています。常に電力を200mA消費するのですが大丈夫でしょうか?

A:ずぼら充電器は3Aの定電流方式の充電器です。200mA消費であれば、問題なく使っていただけます。規定電圧になるまでずっと3Aを持続し、規定まで達すると、充電を停止する仕組みです。もちろん手間いらずの全自動です。



また、野外で風雨にさらされる場合は防水プラグインコードがお勧めです。


バッテリーの充電には【ずぼら充電器】がお勧めです。

【お勧めの理由】
無人で安全確実・自動充電!!
バッテリーは充電終期に内部のガス圧が高くなります。そのために一般の充電器ではバッテリーキャップ(注液栓)を外して充電します。しかし、これでは充電が完了するたびにキャップを閉めに行かなければならず、自動充電とはいえません。そこで七宝式では、キャップを閉めたままで安全確実に充電できる最大充電電流である3Aを設定値としました。1年365日100Vコンセントにつなぎぱなしで常に満充電の優れものです。

冬場のバッテリー上がりを防ぐには・・・!?

冬場は何かとバッテリーが上がりやすくなります。そこで、いつでも、どこでも一発発進の秘密をご紹介します。

【なぜ、バッテリーが上がるのか??】
通常バッテリーは、充電状態と放電状態のいずれかの状態にあります。車(バイク)が走っていると、自動的にバッテリーは充電されるのですが、長期間放置しておくと、過放電と言われる状態になり、いわゆるバッテリー上がりという状態になってしまいます。また、放電期間が長いと、バッテリー内部にサルフェーションと言われる物質が結晶化し、バッテリーの寿命を縮める原因にもなります。

【なぜ、冬場にバッテリーが上がるのか?】
通常、バッテリーは夏場のほうが放電活動が活発になるので夏場のほうがバッテリー自体の故障は多くなります。しかし、冬場にはバッテリー内部の化学反応が鈍るため、バッテリー本来の力を発揮できなくなってしまう上に、エンジン始動時の温度が下がるころで、潤滑オイルの粘度が上がり、寒いときほどセルモーターを回転させるのに多くの電流が要るようになります。
よって、冬場のほうがバッテリー上がりがおき易くなります。

【どうすれば、バッテリーが上がらないのか?】
バッテリー上がりを防ぐ為には「常に満充電を維持すること」に尽きます。満受電を維持することで、バッテリー上がりを防ぎ、結果的にバッテリーの寿命を延ばすことにもつながるからです。

一度でも上がってしまったバッテリーは著しく、その性能が低下してしまします。普段からの充電が大切なんですね。

バッテリーの充電には【ずぼら充電器】がお勧めです。

【お勧めの理由】
無人で安全確実・自動充電!!
バッテリーは充電終期に内部のガス圧が高くなります。そのために一般の充電器ではバッテリーキャップ(注液栓)を外して充電します。しかし、これでは充電が完了するたびにキャップを閉めに行かなければならず、自動充電とはいえません。そこで七宝式では、キャップを閉めたままで安全確実に充電できる最大充電電流である3Aを設定値としました。1年365日100Vコンセントにつなぎぱなしで常に満充電の優れものです。

排水ポンプ車のバッテリーに設置したいのですが?・・・ご質問です。

お客様よりご質問をいただきました。

Q:排水ポンプ車(水防車)のバッテリーとポンプのバッテリー計4つのバッテリー充電にずぼら充電器を使用したいのですが、可能でしょうか?また、充電器は特装パネル内に設置したいと考えています、何かいいアイデアがあれば教えてください。

A:はい、可能です。まず、4つのバッテリー充電に対応したSA-125-M 12Vをご利用下さい。SA-125-M 12Vなら12Vなら5台、24Vも2台同時充電できる汎用タイプとなっております。

特装パネル内の設置に関しては、【ずぼら充電器】が置けるスペースがあれば設置可能です。急発進する場合は、マグネット式のソケットがお勧めでが、そうでない場合は、防水プラグの使用をお勧めしています。

【SA-125-M 12V】


【防水プラグ】


【マグネット式ソケット】